仮想環境でOSXを入れるにはunlockerというものがあるらしい

皆さん、ESXiでOSXの夢を見ることがあるらしい。

ESXi 6.0を入れてみたので、同じような夢を見てみようと思い、unlocker 2.0.8を使ってみた。

Unlocker - InsanelyMac Forum

が、仮想マシンを起動しようとするとすぐに停止してしまう。

他にも「Unable to connect to the MKS: Cloud not connect to pipe \\.\pipe\vmware-authdpipe ~」なるメッセージが表示されたりする。

unlockerが効いていないか確認。

  1. syslog → unlockerが読み込まれたログがあるので問題ない。
  2. /bin/vmx → /unlocker/vmxへのシンボリックリンクになっているので問題ない。
  3. ps -c | grep vmx → vmx起動直後にプロセス情報を参照。/bin/vmxを指しているので問題ない。

上記は問題ないことを確認。

ちなみに、使ったバージョンは「ESXi-6.0.0-20170604001-standard-customized.iso」、vmxのコマンドラインではVMware ESX;version=6.0.0;buildnumber=5572656」となっているものであり、ESXi-Customizer-PS-v2.5でオンラインで持ってきたものになる。

最近更新されたビルド番号なので、やはりOSXのチェック強化が行われているからかもしれない。

 

また環境の作り直しになるが、ESXi-Customizer-PS-v2.5にizipオプションをつけて作ったほうがよさそう。

VMware Front Experience: ESXi-Customizer-PS

izipにはオフラインバンドルというものをダウンロードして指定しなければならないが、以下のサイトでダウンロードできるようだ。

https://my.vmware.com/ja/group/vmware/patch#search

これで古めのESXi 6.0を入手してやってみようと思う。

 

コマンドは以下のような感じになる。 

 .\ESXi-Customizer-PS-v2.5.ps1 -izip .\ESXi600-201511001.zip -pkgDir . -outDir .

 

カレントディレクトリのファイルは以下。

 

  • ESXi-Customizer-PS-v2.5.ps1 … スクリプト
  • ESXi600-201511001.zip … ダウンロードしたオフラインバンドル
  • net51-drivers-1.0.0-1vft.510.0.0.799733.x86_64.vib … ドライバ
  • ESXi-6.0.0-20151104001-standard-customized.iso … 生成されたISO

 

unloker207まで提供されていたefi64-srvr.rom/efi32-srvr.romが必要との情報もあった。

Mac OSをインストール!(の準備) | 人畜無害のブログ

 

unlocker208のまま、efi64-srvr.romのコピーとvmxファイルの以下の編集で実行してみる。

smc.version = "0"
efi64.filename = "efi64-srvr.rom"

 

やはりvmware.logに以下のメッセージが出ている。

[msg.Backdoor.OsNotMacOSXServer] The guest operating system is not Mac OS X Server.

 

unlocker208はアンインストールして、unlocker207をインストールしなおす。

cd unlocker208

./esxi-uninstall.sh

cd ../unlocker208

./esxi-uninstall.sh

 

OSチェックが通って、インストーラの起動画面が立ち上がった。

今度はディスクが見えないが、ディスクユーティリティで消去すれば見えるようになった。

ESXi6.0にMac OS X El Capitanをインストールする。 - ダンデライオン

 

ESXi-6.0.0-20170604001でも、unlocker207が動作することを確認。

unlocker208は動作しなかった。