VMware vSphere Hypervisor 6.0に変更

VMware vSphere Hypervisor 6.5はHTML5のみのクライアントとなっているので、クライアントPC側に多大な処理性能を要求する。

安物のノートPCでは何をするにも動作が遅くて使うのは無理。

ということで、VMware vSphere Hypervisor 6.0に変更することとした。

セットアップが終わった仮想マシン(Windows10)の仮想ディスクが破損したところなので、ちょうどいい機会。

 

HTML5クライアントに比べるとvSphere Clientは軽くてよい。

ローカルファイルの受け渡しも簡単だし、6.5はないな~。